【関西百名山】額井岳(大和富士)(奈良)

map

2004.04.09

04.09

十八神社10:20-11:00額井岳頂上11:50−12:15東海自然歩道−12:35十八神社


4月9日(金)晴
榛原の駅前を通ったのは9時半になる前だったのに、新しい道が出来ていてガイドブックとかなり様子が違い、登山口がなかなか分からない。車が走っているだけで人の姿が見えないのでなかなか尋ねられない。やっと工事をしている人を見つけて登山口を尋ねる。
登山口の十八神社にお参りして出発。ここには大きな案内板があるのだから、車の通る道にももう少し分かりやすい表示が欲しい。
しばらく山道を歩いていくと東海自然歩道と書いてある舗装道路に出るが、すぐ山道に入る。ヒノキの植林帯をしばらく歩くと峠に着き、ここから急な登りになる。頂上近くになってから上から二人連れの夫婦と行き会う。この山であった唯一のメンバー。
頂上は北を除いて三方の眺望がよい。南は榛原の街を見下ろして、遙か遠くに大台の山。やや西の方向に竜門岳から音羽山に続く峰が見える。
戒場山から山部赤人の墓を通って帰る予定だったが、「戒場山方面は倒木や標識破損で通行に支障があるので引き返すことをお勧めします。 榛原町観光協会」と書いた立て札があるので、昼飯だけ食って引き返す。ほんの軽いハイキングだ。
登るときには気がつかなかったがショウジョウバカマが道ばたにひっそりと咲いており、今年になってからは始めてのショウジョウバカマだ。
時間が早いので、大宇陀にある後藤又兵衛ゆかりの又兵衛桜を見に行く。平日にも関わらずすごい車だ。ほぼ満開なのだろう、赤っぽい桃の花をバックに白っぽい垂れ桜の花がよく映える。後藤又兵衛が僧侶としてここで生き延びたという伝説は知らなかった。
Click the image to enlarge

 
大台の山々
頂上展望台の正面、南西方向は大台の山々
 
竜門岳と音羽山
西南西は竜門岳と音羽山
 
ショウジョウバカマ
道端にひっそりと咲くショウジョウバカマ
 
又兵衛桜
大宇陀町の又兵衛桜
   

年代順  ホームへ  

inserted by FC2 system