【関西百名山】学能堂山(三重、奈良)

map

2006.05.21
05.21 杉平林道舗装終点9:00−9:30登山口−10:25尾根到着10:35−11;00山頂11:45−12:45コスマ峠−13:10コスマ林道−13:40神末上村−15:00杉平−15:15駐車地点

(写真をクリックすると拡大されます)
5月21日(日)晴
国道から杉平登山口へ入るところが分からず三多気へ入る交差点まで行ってから引き返す。「いせ道」と刻まれた標石が目印というが、車からは絶対に見えない。三多気から西へ向かって最初の左折道路。やや登りで狭い道だ。人がいたので分かったが、誰もいないと分かりにくい。
しばらく走ると舗装が切れ車が2台止まっている。狭い道で切り替えして向きを換えてから駐車する。すぐ引き続いて大きなミニバンが前に止まり、7名も下りてくる。名古屋から来たそうだ。
この付近はシャガやガクウツギが多く、写真を撮ってから出発。
荒れた林道をしばらく歩くと左手に登山口があり、杉林の中をどんどん登って行く。自然林は全くなく、杉林ばかりの中を1時間登ると尾根に出る。尾根には道標が立っているが、相変わらず一面の杉林で全く見晴しはない。
タニウツギ 県境尾根
 
尾根の道もなかなか急な登りでやっと杉林が切れると傾斜は緩くなり、潅木が茂っている。高見峠から高見山山頂付近にも同じような木が生えているが、この木はノリウツギというそうだ。ノリウツギ帯を過ぎると一面ススキの原になり、頂上はすぐそこに見える。1組の夫婦が食事をしており、男性一人がこれから下るところ。バスで来て神末上村から登り、杉平へ下るという。
一面ススキの原なので眺望がとてもいい。まず目立つのが南西に見える高見山の尖塔、ついで東側の局岳、北に大洞山、南に三峰山。しばらく山々を眺めてからいつもどおりラーメンを炊き始める。間もなく名古屋の連中も登りつき、横で弁当を食べ始める。この連中は同じルートを引き返すらしい。
ノリウツギ 学能堂頂上と高見山
 
大洞山と伊賀富士 局岳
 
三嶺山 名古屋の七人組
 
食後しばらくゆっくりしてコスマ峠へ下り始める。とても急な下りで鹿よけネットの上部をつかんだり、杉の枝をつかんだりしながら何とか下る。その後少し登って940m峰付近から振り返ると頂上がよく見える。
これから越さねばならぬ940m峰 940m峰から振り返る学能堂山
 
さらに尾根伝いにアップダウンを繰り返し、地図では敷津方面からの林道が尾根まで来ているようになっているが、全く林道にはお目にかからず、神末上村へ向かって直角に曲がる。ここがコスマ峠らしい。谷沿いの道を30分下ると上村の集落でバス道に出る。ここから車道沿いに杉平までのんびり戻る。敷津からは「伊勢本街道」の道標沿いに歩くががなかなか遠い。
頂上近くの潅木。ノリウツギというそうだ 頂上から北方に見る大洞山と伊賀富士 北東には伊勢でよく目立つ局岳がそびえる 南に見える三峰山もなかなか大きい山だ 同じルートを引き返す名古屋から来た7人組 これから前方の940m峰を越えねばならない
年代順  ホームへ  
inserted by FC2 system